保育士お役立ちコラム|保育士の求人・転職・募集なら [保育ひろば]
無料ご登録はこちら
電話番号0120-689-796

【絵本紹介】バムとケロのそらのたび

二人と一緒に旅をしているキブンで楽しむことができる作品です♪

【絵本紹介】バムとケロのそらのたび

 

題名 『バムとケロのそらのたび』

作 島田 ゆか

出版社 文溪堂

対象年齢  2~5歳

 

★おはなし★

 

月曜日の朝、バムとケロちゃんがパンケーキを食べていたら、山のような小包が届きました。

 

送り主はバムのおじいちゃん。おじいちゃんの誕生祝いにいらっしゃいという招待状もいっしょです。

 

小包の中身は組み立て式のヒコウキで、バムとケロちゃんはこれを組み立てて、おじいちゃんの家へ出発することになりました。

 

2人の空の旅、一体どんなことが待ち受けているのでしょう?

 

★オススメポイント★ 

 

おじいちゃんの誕生祝いに行くため、バムとケロは必死に飛行機を組み立てます。

 

一生懸命に飛行機を作るバムとは対照的に、落書きをするケロもとっても可愛いです。

 

おじいちゃんの家に行く最中は、ハプニングがたくさん。

 

玉ねぎ山脈、りんご山、かぼちゃ火山なで愉快な出来事がたくさんおきるので二人と一緒に旅をしているキブンで楽しむことができます。

 

★読み方のコツ★

 

この絵本はおじいちゃんの手紙のシーンがいくつか出てきます。

 

声のトーンをおじいちゃんのように変えて読むことでより子どもたちにも伝わりやすくなるのでしょうか。

 

さらにこの絵本はむしがうじゃうじゃいるページで、よく見ると虫が数字になっているなどコネタが満載です。

 

なので、絵をじっくり子どもたちに見せてあげながら読み聞かせをすることがオススメです。