保育士お役立ちコラム|保育士の求人・転職・募集なら [保育ひろば]
無料ご登録はこちら
電話番号0120-689-796

保育園で使う名札、どんなものがおすすめ?

保育園では子どもに保育士の名前を覚えてもらうために、保育士も「名札」をつけています。今回は、従来の名札に取って替わる、イマドキの名札アイディアをご紹介します!

保育園で使う名札、どんなものがおすすめ?

保育園では子どもに保育士の名前を覚えてもらうために、保育士も「名札」をつけています。しかし、安全面の理由から、安全ピンタイプの名札の利用を禁止している保育園も増えてきました。そこで今回は、従来の名札に取って替わる、イマドキの名札アイディアをご紹介します!

安全が最優先!安全ピンの名札はNG?

保育園は子どもの安全が保証されるべき場所。そのため、子どもの安全を脅かしかねないものは極力なくしておく必要があります。

「安全」ピンなのに安全じゃない?

保育園での名札はもちろん、日常のさまざまな場所で利用されている「安全ピン」。分別のつく大人が扱う分には、安全に使用できる設計になっています。しかし、保育園には急に思いがけない行動をする子どもがたくさんいます。何かの拍子に外れて子どもに針が刺さってしまうようなリスクは避けておかなければなりません。そのため、近年では安全ピンでとめるタイプの名札を禁止している保育園が増えているのです。

アイディア勝負で安全な名札をつくろう

近年の保育園での「名札に安全ピン使用禁止」の流れを受けて、自由なアイディアで名札をつくる保育士が急増中です!

土台にはフエルトや布を使って

常に身につけている名札は、抱っこしたときなどに子どもが触れてもケガをしない素材であることが前提となります。そこでおすすめなのが、やわらかく温かみのあるフエルト素材。簡単に切り貼りしたり、縫ったりできる素材なので、不器用な人はもちろん、手の込んだ名札をつくりたい保育士にもおすすめです。

また、余り布を活用して厚紙にボンドで貼り付ければ、工作感覚で手軽に名札がつくれます。立体的になるようにキルト綿などを厚紙と布の間に挟むとかわいさも一段とアップしますよ。

フエルトの名札

出典先:http://rabbiry.ocnk.net/

(参考)【かわいい】フェルトの手作り名札【デザイン】|NAVERまとめ

名前はひらがなフルネームで

フエルトや布で名札の土台が完成したら、次は名前を入れましょう。子どもが読みやすいように、フルネームをひらがなで表示させます。名前の部分はステッチで縫ったり、フエルトを切り抜いてボンドで貼り付けたりすると、かわいく仕上がります。

縫い付けやマジックテープなどでエプロンにつける

名札が完成したら、保育園で使うエプロンに取りつけます。安全ピンを使わなくても、エプロンに直接縫いつけてしまえば、針が刺さる心配もなく、落としてなくしてしまうこともありません。エプロンの枚数分の名札を用意する手間はありますが、一番スタンダードで安全な方法でしょう。

このほか、マジックテープで取り外しできるタイプの名札にすると、立体的に作った名札でも洗濯でヨレヨレになることもありませんし、エプロンの枚数分作る必要もなく便利ですね。

 

マジックテープ

出典先:http://p.twipple.jp/

 

また、それは少し大変・・・という人は、アイロンプリントを使いましょう。布に特殊なのりがついている為、アイロンの熱で簡単にくっつけられ、アイロンさえあれば、簡単に名札になるというものもあります。

そのままエプロンに刺繍して名札にしてしまうのも1つの手ですね。

名札のデザインにもこだわろう!

保育園での、名札のかわいさにこだわるなら、デザインも大切ですよね。手づくりならではの自由なアイディアで、お気に入りの名札をつくりましょう。

子どもに人気のキャラクターで子どもウケをねらう!

保育園で担当する子どもの年齢に合わせて、人気のあるキャラクターをモチーフにするのもいいですね。おもちゃメーカーのバンダイが2015年に行った「好きなキャラクターランキング」を参考にご紹介しましょう。

▼0歳~2歳
≪男の子≫
1位 それいけ!アンパンマン
2位 きかんしゃトーマスとなかまたち
3位 いないいないばぁっ!・しましまとらのしまじろう

≪女の子≫
1位 それいけ!アンパンマン
2位 いないいないばぁっ!
3位 しましまとらのしまじろう

▼3歳~5歳
≪男の子≫
1位 妖怪ウォッチ
2位 スーパー戦隊シリーズ
3位 それいけ!アンパンマン・仮面ライダーシリーズ・きかんしゃトーマスとなかまたち

≪女の子≫
1位 プリキュアシリーズ
2位 アナと雪の女王
3位 妖怪ウォッチ

(参考)お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査|バンダイ 

定番デザインなら長く使える

ハートや星、花などの定番デザインは、年齢や男女にかかわらず受け入れられやすく、流行り廃りに影響されない分、長く使えます。また、おにぎりやキャンディなどの食べ物のデザインもおすすめ。子どもにもわかりやすいデザインですので、「せんせー、おいしそう!」と子どもの興味を引くかもしれませんね!

お気に入りの名札で子どもとの距離を縮めよう

名札は、保育園で子どもたちに名前を覚えてもらうほか、名札のデザインでも保育士を認識してもらえる便利なツールです。けっこう子どもは保育士の名札を見ています。毎日使うものですので、自分でもお気に入りのアイテムになるように素敵な名札づくりを始めてみませんか?

名札のデザイン・形状などを紹介してきましたが、首からかけるタイプを考えている方もいるでしょう。しかし、乳児が気になってひっぱってしまったり、幼児と一緒に動く活動中(ドッチボールなどの外遊びや、体育あそびなど)に子どもにひっかかってしまったり・・・ということも考えられるので、なるべく避けたほうがよいでしょう。

保育士

子どもの名札事情

大人はこのように工夫を始めている保育園が増えてきていますが、子どもの名札はというと、安全ピンがついた、園で用意された名札を使っているところがまだまだ多いというのが現状です。

しかし、それは“安全面”だけでなく、保護者からは、「服に穴があいてしまう」といったクレームがよく聞かれます。その為に“開かずピンちゃん”などといった、名札の安全ピンにさらに器具を付け、洋服につけることで服に穴を開けないものを使用し、工夫をしている人もいます。保育士側からすると、その名札が取れてしまったた際、子ども自身がそれを扱えないといったデメリットもありますが、洋服に穴をあけたくないという保護者の意向を無視するわけにはいかないので、難しい問題です。

(参考)服に穴を開けない新型名札クリップ“開かずピンちゃん”|クボタ文具店

 

加えて、子どもの安全も考慮するのであれば、いくつかの保育園でも取り入れられていますが、“保育着”というものを作り、保育園ではそれで過ごすといった方法も取り入れてみるのもよいでしょう。

名札の問題は保育士だけでなく、子どもの今の名札事情も、保育園全体として、話し合っていけるとよいですね。

 

コンサルタントによる転職サポートはこちら

 

▼おすすめの求人はこちら

保育園の求人一覧

幼稚園の求人一覧

正職員の求人一覧

▼この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

・毎日の保育に取り入れたい!子どもの心と体を育てる「運動遊び」
・毎日の保育に取り入れたい!子どもが楽しめる「室内遊び」
・その声かけ、逆効果かも?子どもへの声かけで保育士が気をつけたいこと
・急に頼まれたときでも安心!行事の出し物に使えるアイディア