保育士お役立ちコラム|保育士の求人・転職・募集なら [保育ひろば]
無料ご登録はこちら
電話番号0120-689-796

保育士にふさわしい身だしなみのチェックポイント

保育士としてふさわしくない身だしなみであるかどうか、より子どもたちにプラスになる身だしなみはどういうものか、ポイントを抑えてみましょう。

保育士にふさわしい身だしなみのチェックポイント

保育士の身だしなみってどうして大切なの?

毎日子どもたちの援助をしたり、その他にも担当クラスの掃除をしたり指導案などの書類を作成したり、業務内容は本当にハードで、多忙な毎日を過ごしているのが保育士。

仕事で服装やメイクにこだわっている暇はありませんよね。毎日すっぴんにジャージ、髪型はノーセットなんて人も、あなたの園に一人はいるのでは!?

 

しかし社会人として仕事をする上でのマナーとして、すっぴんや髪型の乱れはどうでしょうか。子どもたちと過ごす中でなかなか構っていられないとは思いますが、保護者との信頼関係にも繋がってきますし、散歩時に外部の方が見て「あそこの保育園の先生はみんなきちんとしているよね」と言われたら嬉しいですよね。そこで、まずは一つのマナーとして身だしなみを整えることを大切にしてみてください。

 

しかし、“保育士の身だしなみ”と言われてもどの程度の身だしなみが保育士に必要なのかという部分は、そのラインがわかりづらく難しいものです。年齢によっても変わるでしょうし、その保育園の考え方によっては派手だと言われたり、もっと身だしなみをするように注意されたりすることもあります。そうなると、特に新人保育士の方は”身だしなみ”という部分で、毎朝どうすればいいのか悩んでいるケースも多いようです

自分らしい身だしなみをすることは”仕事を楽しむ”と言う点ではオススメですが、保育士の仕事は他の保育士や子ども、そして保護者という多くの人に囲まれての仕事です。人と関わることの多い仕事だからこそ、身だしなみを整えることはとても肝心なのです

保育園の考え方によって服装や髪型に一定のルールがあります。ですので、自分の保育園の考え方や園の方針などを理解した上で、身だしなみを整えていきましょう!

 

どの保育園でも共通して考えられるであろう、基本的な身だしなみの項目をチェックすることで、自分の身だしなみを見直すきっかけにもなります。これまで職場で上司や先輩から注意をされていなかったとしても、保育士としてふさわしくない身だしなみであるかどうか、より子どもたちにプラスになる身だしなみはどういうものか、ポイントを抑えてみましょう

多くの保育士が心がけている身だしなみについてのルールをもとに、身だしなみの基本ルールをまとめてみました。普段、自分では当たり前と思っている身だしなみも、もしかすると保育園に勤める上で改善しなければならない点があるかもしれません。自分の身だしなみと照らし合わせて参考にしてみてください。

保育士の服装はどうすればいい?

身だしなみでもっともベースとなるのが仕事で着用する服装です。最近では保育園が指定するトレーナーやエプロンを着用するという保育園も増えてきているようです。しかし服装に関して指定がなく自由に任されている保育園の場合ではどのようにするのがいいのでしょうか?

●抑えておきたいポイントは”清潔感”!

服装についての方針は保育園によっても異なりますが、基本的には派手な服装は避けるべきです。人は見た目で相手を判断することが多いとよく言われていますが、これは保育の現場でも同じことが言えるでしょう。

あなたが保護者の立場に立って考えてみてください。自分の子どもを預ける際、「これが保育士さん!?」というような過度な露出をしていたり、奇抜な色味の服装をしていたりしたら、どう思いますか?保育士は仕事をする上で、保護者との信頼関係は不可欠です。そのため、服装を考えるときには保護者に安心感を与えるような服装をするのがオススメです。

 

「安心感を与える服装」と一言で言っても難しいとは思いますが、「清潔感のある服装」を考えると分かりやすいかも知れません。保護者の立場に立って、今の自分の服装を見直し、より「清潔感のある服装」を心掛けてみてくださいね。

保育士
●保育士の鉄板ファッション”ジャージ”の落とし穴

他にも保育士の服装としてオススメで多いと思われる服装としては、一日中子どもたちと遊んだり世話をしたり、体を動かす業務も多い保育士ですから、活動しやすく汚れても洗いやすいジャージはもっともピッタリの服装と言えます。ジャージスタイルです。しかしここで勘違いしてはいけないこととしては、室内用のスウェットではないことです。ジャージと言っても「体操のお兄さん・お姉さん」というようなイメージです。だぼっとしたようなサイズ感の合っていないジャージはもちろんNGです。そのようなイメージを持つ保育士が多いこともあって、保育園によってはジャージが禁止されているところもあります。

 

服装を考える際に注意しておきたいもう一つのポイントとしては、露出度です。上記でもお伝えしましたが、保育士の仕事は子どもたちと過ごしているので、身体をよく動かす仕事です。立っての作業はもちろんですが、椅子に座っての作業や地面にかがむことだってあります。どんな体勢になってもお腹や背中、胸元が見えてしまうということがない服装を選びましょう!

保育士にふさわしい髪型は?

保育士の髪型はさまざまですが、子どもたちと常に一緒に過ごすことを考えると、邪魔になりにくい髪型がオススメです。とくにロングヘアの人なら仕事中はヘアゴムを使って後ろでくくっておいたり、前髪が長い人ならヘアピンで留めてかさばらないようにしたりしましょう。

 

子どもたちは大人の外見をよく見ていて、とても敏感です。髪型でちょっと暗い印象を与える保育士には近づきにくかったり、おでこが前髪で隠れて顔の表情が見えづらい保育士に怖いイメージを覚えたりすることもあります。子どもたちとの距離感に悩んでいて、髪型を明るく変えてから子どもの受けが良くなったという先輩もいます。髪型一つで保育士としての仕事がやりやすくなるということからわかるように、身だしなみがいかに子どもたちから見る保育士へのイメージをつくっているかお分かりいただけるでしょう。

しかし、「毎日同じ髪型で飽きてしまった」「ただ結ぶだけではつまらない」と感じていて、保育園で髪型への指定がない場合には女性なら特にアレンジを楽しみたくなることもあるはずです。

忙しい保育士さんにオススメのヘアアレンジも参考にしてみてください!

 

保育士の髪色ってどこまでいいの?

ビジネスウーマンが派手なカラーリングを控えるように、保育士も明るいヘアカラーはできるだけ避けるべきです。金髪やシルバー、赤や青といった目立つカラーリングはもちろんNGです!

具体的なカラーとしては濃い目のブラウンやナチュラルブラウンが無難です。若い保育士であれば明るいカラーリングに対して抵抗がなくなっていると思います。しかし、子どもたちを預ける側の保護者からすると過度に派手なカラーリングをした保育士がいると不安感を覚えるケースもあるでしょう。

自分がもし保護者の立場だったとすると、保育士がどのようなカラーリングなら安心できるでしょうか。また、パーマの掛かり具合も合わせて自分を見つめることが必要です。

アクセサリーは大丈夫?

女性の嗜みとしてネックレスや指輪、ブレスレットなどのアクセサリーをしたくなるかもしれませんが、子どもと常に肌を接している仕事なのでケガをさせないためにも身につけるのはNGです。結婚指輪は保育園によっては、したままの方もいるようですが、子どもたちのために仕事中は外した方が親切かもしれませんね。

香水はつけていいの?

アクセサリー同様、香水もNGです。子どもたちはにおいにとても敏感です。強すぎる香水は子どもたちの気分を悪くさせてしまうことだってあります。小さな子どもたちが相手の仕事だということをいつも忘れないようにしてください。

爪のカットまで見逃さないように!

ネイル

子どもたちの“ケガ防止”と言う点では爪を伸ばすことも危険です。子どもたちの肌は柔らかく少しの引っかき傷も、みみず腫れのように腫れてしまうことがあります。女性の多い職場で、ネイルを楽しみたい方も多いかとは思いますが、子どもたちに伸びた爪でケガをさせてしまわないためにも、爪切りは欠かさないようにしましょう

まとめ

身だしなみには清潔さを保つことがとても重要です。服装や手の汚れは絶対にNGです。外での活動も多い保育士は服や爪が汚れやすいですが、小まめに手洗いをしたり、服が汚れた時用に着替えを用意したりすることもオススメです。

保育士という仕事は子どもたちにとって両親以外の大人の手本となる大切な存在です。身だしなみがよくないことは、保育園の雰囲気を損ねるばかりか、子どもたちにもさまざまな面で好ましくない影響を与えてしまいます。まずは、職場の保育園の身だしなみに関する方針を確かめて、それに沿ったかたちを目指します。

 

保育園ごとに微妙にOKラインが異なりますので、わからなければ先輩や上司に聞いてみるようにすべきです。セルフチェックのために良い方法は、自分が子どもたちの家族だったらどういった保育士に面倒を見てもらいたいかという意識を持つことです。そうすれば、あまりに派手な服装や髪型は避けるでしょうし、ケガをさせないような身だしなみを心がけるはずです。日頃の身だしなみは当たり前のようでいて子どもたちが保育園で安全な生活を送るために大切な前提ともなります。子どもたちへの影響を第一に考えて、可能な限り控えめな身だしなみをされることをおすすめします。