保育士お役立ちコラム|保育士の求人・転職・募集なら [保育ひろば]
無料ご登録はこちら
電話番号0120-689-796

私立と公立で違う?保育士の初任給はどのくらい?

保育士の待遇面で気になることと言えば、やはり額面ではないでしょうか。平均的にどのくらいの手取りを貰えるのかは押さえておきたいところです。

私立と公立で違う?保育士の初任給はどのくらい?

気になる保育士の初任給

保育士の待遇面で気になることと言えば、やはり額面ではないでしょうか。
将来のために貯蓄も行わなくてはいけないですし、平均的にどのくらいの手取りを貰えるのかは押さえておきたいところです。

今回は、保育士の初任給についてお話します。

学歴で違う? 短期大学卒業後の保育士の場合

保育士の資格を取るといっても、専門の高校・専門学校・短期大学・4年制大学など学校にも違いがあります。
まず、専門学校・短期大学の場合は2年~3年間の学生期間で保育士になるのが一般的です。
卒業後に正社員として保育士を始める場合の初任給の相場は、15~16万円の間が平均とされており、各種手当てがプラスされて最終的に17万円前後になるとされています。
この額面から社会保険や年金などが差し引かれ、手取りの金額は14~16万円が相場です。
公立の保育園で働く場合はその地方の公務員に当てはまるので、給与も地方の指定に沿って決定されます。
ちなみに、私立の場合は園の決まりごとに給料を決定しますが、公立と大きな差はないとされています。

4年制大学卒業の場合

私立と公立で違う?保育士の初任給はどのくらい?

4年制の大学を卒業した場合、専門学校や短期大学と額面が異なることがあります。
4年制大学卒業後の保育士の初任給は17万円前後が相場とされていて、各種手当てを含めると18.5000円程度になるのが相場です。
手取りは15~16万円が一般的で、専門学校・短期大学より1万円ほど高くなります。
資格の多さや実習経験の多さで即戦力だと見込まれることもあり、またボランティア経験などを行っていると有利になることもあるでしょう。

保育士は昇給が見込めるの?

私立と公立で違う?保育士の初任給はどのくらい?

地域によって違いはありますが、中には手取りが12~13万円という保育園・幼稚園も少なくありません。
実家暮らしでなければ、生活が厳しくなる人が多いのも事実です。
そこで気になるのが保育士を続けていって、昇給する見込みがあるのかということです。
保育士業界は、勤務年数や役職が与えられると給与も上がっていきます。

私立では昇給の可能性は多くはないと言われていますが、公立の場合は少しずつ額面が上がっていくことも期待できるのです。
また、ボーナスなどの手当てはしっかりと貰える保育園が多いので、私立に比べると公立の方が離職率は低いというデータもあります。

額面だけが働く理由と言うわけではないですが、子どもたちの笑顔が見られるからと言って生活ができなくては仕事として成り立ちません。
転職や就職を考えている保育士の方は、園の保育方針だけでなく、待遇面に不自然な点がないかを何度もチェックし、気になる点は押さえておくべきだと言えるでしょう。
また、近年では残業代がカットされる会社や園が増えているので、その点について面接の際に質問してみるのもオススメです。

納得のいく環境で子どもたちと生活していくためにも、保育園の待遇は慎重に判断しましょう。

コンサルタントによる就職サポートはこちら

 

▼おすすめの求人はこちら

社会保険完備の求人一覧

保育園の求人一覧

保育園の求人一覧

▼この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら

・深刻化する保育士不足――その背景と今後の対策は?

・保育園での子どもの様子を伝えるだけじゃもったいない!連絡帳の上手な活用法

・正社員?それともパート?ライフステージに合わせた保育士の働き方